ドイツ音楽留学(^^♪

私がリューベック音楽大学に在籍していた頃、大学に通う学生の半分は外国人でした。

a0143811_8482132.jpg

ドイツの音大は国立なので、日本の私立大学よりは格安の学費。
最近は少しずつ変わってきているみたいですが、私は前期でリューベック内交通費込みで1万円少しくらいでした
(@_@;)
でも授業は日本の音大よりはるかに充実☆彡
少人数制なので私の専攻したピアノ教育の授業も6人くらい。なので先生と同級生とみっちり濃密に話し合いながらの素晴らしい授業を受けることができました。
ピアノレッスンも1人1時間30分。
日本の音大では2人で1時間30分だったので、本当にドイツは恵まれた環境だと思います。
こんな素晴らしい環境なので・・・もちろん留学生が急増!!!
優秀な外国人が増えてドイツ人が少なくなってしまったという大きな問題が発生。
また外国人の中には音楽の技術は優れていても、ドイツ語が話せないという人も多く、ついに語学規定が厳しくなりました。
当たり前か・・・。
ほとんどの大学がGoethe-Institutの検定試験B2の証明書を願書と一緒に提出するということになっています。
大学入学後1年間の間にC1を取得しなければいけないという条件の学校もあります。
また日本の大学院を卒業した方はドイツでも大学院のみ入学が可能で、語学規定はなくても入試時に口頭面接試験があるそうです。
私も受験時に面接がありましたが30分くらいで結構難しい音楽についての自分の意見を求められます。
なので挨拶しかできない・・・では全然話になりません。
検定試験B2とC1は中級終了レベルなので簡単に取れるものではありません。
ドイツへの留学を夢見る方!
ぜひ語学の勉強は早めに始めてください!
ドイツでの音楽留学は、本場の音楽にふれるという素晴らしい機会ですし、たくさんの国の人々にも出会える貴重な経験です。
もちろん音楽以外を専攻している方も、ドイツで自分のしたいことをもっと深く学ぶことはとても意味があることだと思います。

a0143811_8183695.jpg

もうすぐ春☆彡
夢に向かって語学の勉強を始めてみませんか?
マイペースでコツコツと。
ご一緒にドイツ語の世界を楽しみましょう(^_-)-☆

ドイツ語教室 MOMOはこちらです♪
スカイプを使用したウェブレッスンもあります(^^♪
[PR]